鍼灸

鍼灸院の針治療は痛みをともなうのか

背中に施術を受ける女性

鍼灸院では、体に何本もの針を刺したりと、なにかと痛そうなイメージがあります。実際に、鍼灸院の治療は痛みをともなうものなのでしょうか。今回は鍼灸の痛みについて見ていきます。 鍼灸の治療を受けたという画像にはよく何本もの針が体や顔に刺さっています。見た目はかなり痛そうなのですが、鍼灸院で実際に針を刺された人の多くはあまり痛くないと答えているようです。なぜでしょうか。
その理由は、単純で、針が細いからです。針が細いといっても、治療箇所や用途によっては少し太いものもありますが、太いものでも注射針ほどです。多くは注射針よりもかなり細く、髪の毛程度のものもあります。 痛みが全くないかといえば、さすがにゼロではありません。しかし、痛みを感じるのは皮膚に刺さる瞬間だけですし、針も細いのでほんの少しチクっとする程度だという人は多いです。
また、針の刺し方には二種類あって、中国式と日本式にわけられます。中国式は針を素手で持ち、そのまま刺します。日本式は管鍼法といって、管の中に針を入れ、管の頭から出た針をたたいて針を刺します。人間の感覚はなにかを押さえつけられているときには痛みを感じにくくなります。したがって、日本式のほうがより痛みを感じることは少なくなるのです。

menu